photo

社員を知る

OTC-MR職 藤原 駿 文学部卒

OTC-MRとは?

OTC-MRの仕事には大きく分けて3つの役割があります。ドラッグストア等へ製品の有効性、安全性等の情報提供。市場分析や担当企業における課題に対する企画提案。魅力的な売り場づくりなど店頭での販売促進活動です。OTC-MRは薬の専門知識はもちろんですが、企画提案や店頭での販促活動をする上でマーケティングの知識も欠かせません。当社の売上拡大につながるよう、日々情報収集をし、企画を考え、提案していくことが大事です。そして、生活者に一番近い存在として、生活者ニーズを新しい製品づくりへ活かしていくための発想とそれをマーケティング部門や研究開発部門などへ発信することもとても重要です。

仕事のやりがいは?

ふだんの暮らしの中での身近な悩みに対して、「トータルヘルスケア」で多くの生活者に貢献できるところです。これは、頭のてっぺんからつま先まで、医薬品だけでなく、化粧品など幅広い製品があるからこそできることだと思います。また、担当企業に対しては一人ひとりのOTC-MRが当社の代表者になりますので、責任は大きいですが、自分で考えたアイデアを実現できるというやりがいも大きいです。自分の考えた企画でドラッグストアにも生活者にもより多くの方に貢献したいと思っています。

photo
BACK