photo

社員を知る

安全性情報管理 小林 賢治 薬学研究科卒

ひとつの薬に向き合う

私の所属する安全管理統括部では、当社品に関連する副作用情報を収集し、評価・分析をした上で、必要な安全対策を行います。MRやお客様相談室(医療関係者や患者さんからの薬に関する問い合わせ窓口)、文献、海外提携会社などから入ってくる情報の中で、気になる症例があれば、ドクターや薬剤師への詳細調査を依頼します。別の薬を併用していないか。基礎疾患を持っていないか。必要な情報が揃った時点で、薬と副作用との因果関係を評価します。副作用の種類や集積状況、当社品との因果関係によっては、迅速に添付文書改訂等の安全対策を講じなくてはいけません。

スペシャリストとしての矜持

一口に副作用といっても、その内容は症例によって様々。ドクターや薬剤師も全ての薬の全ての副作用情報を把握している訳ではありません。そういう意味でも、私たち安全性情報のスペシャリストが副作用情報や適正使用情報を適切に医療現場にフィードバックし、安全に薬を使ってもらうことが大切なのです。安全性情報管理の仕事は、どちらかというと縁の下の力持ちと言えますが、医薬品は、裏づけとなる確かな支える情報があって初めて安全かつ有効に使用できるのですから責任の大きなやりがいのある仕事です。

医師と患者さんに圧倒的な信頼を得る

もしこの安全性管理の仕事がなかったとしたら、ドクターは、薬を処方することに大きなストレスを感じるはずです。重篤な副作用が起こった時、どうすればよいのか。誰に聞けばよいのか。適切な処置ができないと、場合によっては患者さんの命にかかわる場合もあるかもしれません。実際にドクターから「きちんと副作用情報を収集・管理しているメーカーさんとお付き合いしたい」という声を聞いたことがあります。患者さんにとっても、どんな副作用が出るかも分からない薬など、怖くて飲めないと思います。どんなに良い薬でも、安全性の情報が乏しく安心して使えない薬は誰も使おうとは思いません。薬と会社への信頼があって、はじめて安心して使ってもらえるのです。

photo photo
詳しくはMy Pageで公開!
BACK NEXT