photo

社員を知る

MR職 斎藤 洋明 法学部卒

薬剤の新たな可能性を広げる連携

日本を代表する大学病院を担当する、ということ。それは、日本の医療の発展のために貢献する使命を負ったことに他なりません。これから世に出る開発中の薬剤について「実際に有用性があるのか?安全性は?」といった情報をドクターから収集し当社の開発部門へ伝えていく。また、すでに販売している薬剤でも「こういった症例に適応を拡大することは可能か?」「この薬剤を従来とは異なる使い方で治療に役立てられないか?」というように、薬剤の新たな可能性をドクターとの会話のなかで引き出しいくのも大きな役割です。

今と未来を医療関係者とともに駆け抜ける

大学病院は2つの大きな役割を担っています。「診療」で最先端の医療を提供することに加え、「教育」機関として次代を担う医師を育成することが同時に求められています。自ずと私たちMRに期待される活動も「診療・教育」の2分野にわたります。第一三共は業界において最も幅広い製品ラインナップを持つ企業であり、大学病院を担当するMRとしても日本の医療を牽引するような様々な領域の専門医と接する機会に恵まれています。「次は、どういった仕掛けで、日本の医療に貢献するのか」。私たちのチームは常に戦略を練っています。私と同じ世代の若いドクターとも関係性を築き、次代の医療へどう貢献していきたいかということを語り合うこともあります。第一三共には、日々、新規性の高い薬剤を生み出す研究、開発力を持っていて、その薬剤が世の中に出るたびに、私たちの仕事はより高い次元へ、広がりを見せていくのです。

photo photo
詳しくはMy Pageで公開!
BACK NEXT