photo

社員を知る

開発職 秋山 和哉 薬学研究科 修士卒

現在の仕事内容は?

現在、臨床開発のモニターとしてがん領域の国際共同治験を担当しています。メインとなる仕事は、対象試験の症例データの収集と、医療機関のドクター、その他医療関係者との情報交換です。東京都内、福岡、鹿児島と3つの医療機関を担当しているので、出張も少なくありません。医療機関を訪問する際は、ドクターのみならず薬剤部や放射線科をはじめ、様々な医療関係者の方々と仕事をします。依頼、提案する時は一方的に伝達するのではなく、関係者の事情や考え方を踏まえて、円滑にコミュニケーションできるように心がけています。

仕事のやりがいは?

新薬の承認審査にはEBM(Evidence-based medicine)が欠かせません。私たちが収集した治験データはその裏づけとなるものであり、新薬上市後の適正使用のための添付文書にも反映され、まさに責任重大です。
治験データを取りまとめて、解析結果をドクターに報告する際は、大きな達成感があります。一方で、ドクターを通じて治験に協力してくださった患者さんの声を伺えるのもこの仕事ならではの喜びです。「苦しかった症状が緩和して、健康状態も回復に向かっている。良い薬を世の中に送り出せるように頑張ってください」など伝え聞くと、社会に貢献している仕事だと再確認できます。
医薬品開発に携わる者として客観性や論理性は欠かせませんが、両輪をなすように人間的な喜びや共感もあります。だからこそ「本当にこの仕事を選んで良かった」と思います。

将来の目標は?

現在はモニターとして治験データの収集を担当していますが、将来的にはプロジェクト全体を見渡す立場で仕事をしてみたい。そのためには医薬や臨床についての知識、GCP、薬事法などの理解を深めることはもちろんですが、チーム員を育成できるくらいにレベルアップしなくてはいけません。またチームだけではなく、外部との連携も重要です。臨床開発を実施する医療機関、社内各部所、更には第一三共グループ内でのコラボレーションが不可欠です。現在の業務でも、第一三共の研究開発セクション、MRと協働することが少なくありません。新薬の開発を支援する会社は幾つもありますが、当社はグループ会社である第一三共と非常に近い立場にあります。そのメリットをさらに発揮して、新薬開発に貢献していきます。

photo photo
BACK NEXT