photo

社員を知る

開発職 川崎 結衣 薬学部薬学科卒

これまでに取り組んできた仕事内容は?

入社から今まで、品川の研究開発センターで開発職として働いてきました。現在は2つの抗がん剤品目において、プロジェクトリーダーのサポートとして、各医療機関に治験を依頼・確認・データ回収を行う治験推進担当に加え、CRO(受託臨床試験機関)のマネジメントや、検体を取り扱っているベンダーの窓口まで、幅広い業務を担当しています。CROへの計画全体の説明はプロジェクトリーダーが行いますが、治験に入った後の細かな手順の説明などは私も行います。今後は一段キャリアがステップアップし、グローバル臨床試験の日本側のリーダーを担う予定です。

仕事をする上で大事にしていることは?

治験は治験実施計画書(プロトコール)に沿って複数の医療機関に依頼し、様々な条件の多数の試験を正確に実施し、医師毎に異なる貴重な見立てを見逃さず、より客観的なデータとして申請に結びつけなければなりません。また、今の私のポジションは、医師やCROモニターの他にも、医療機関の治験スタッフや社内の治験関連部所など、数多くの人たちとコミュニケーションを取りながら行っていくことが求められる業務です。そこで、相手の発言の意図や考えを理解するように努め、治験がより円滑に進むことを心がけています。

仕事のやりがいは?

何と言っても、自分の開発している新薬が、治験で効果があることを実感できた時に、この仕事のやりがいを感じます。医療機関の治験スタッフを通して、少しでも長く生きたいと願う患者さんの嬉しい思いや感謝の声を聞けた時は、この仕事をしていて本当に良かったと思います。
また、第一三共は若手社員にもチャンスを与えてくれる環境があるため、自分が成長できることも大きなやりがいです。私は米国にある第一三共の現地法人で、3週間にわたって研修を受けるチャンスを貰いました。次のキャリアステップに向けて必要なスキルを磨き、さらに患者さんに貢献していきたいです。

photo photo
詳しくはMy Pageで公開!
BACK NEXT