photo

社員を知る

データサイエンス 澤村 良子 生命薬学科 修士卒

現在の仕事内容は?

私の専門分野は非臨床におけるモデリング&シミュレーション。この仕事は、候補薬である化合物を投与した場合に血中化合物濃度がどのように推移するのか、またどれくらいの値まで上がると薬効を示し、あるいは安全性に影響が出るのかなどの結果を予測(シミュレーション)できる数式モデルを導き出していくものです。日々、実験で収集したデータから導きだされた数式モデルを用いてシミュレーションを行い、探索段階における化合物選択や臨床試験の計画立案をサポートしています。その結果、非臨床の探索段階では化合物の絞り込みが効率的に行われ、臨床では実施する治験手順がシミュレーションされることになり、研究開発の効率化と短期化に貢献しています。

仕事のやりがいは?

この仕事のやりがいは、非臨床のデータ、臨床のデータを解析して薬の特性を明らかにし、単なる数字やデータではない、価値のある重要な情報を薬に埋め込めることです。そのためには、他部署のプロジェクト担当者に、解析モデルの構造や仮定、得られた知見について十分理解してもらう必要があります。担当者と信頼関係を築くために、単に数式モデルを説明するだけではなく、こちらが何を行ったか明確になるよう、丁寧でわかりやすい説明を行うことを心がけています。非臨床から臨床まで幅広い担当者たちと話し合い、協力しながらプロジェクトが必要とする情報を生み出すことにも手応えを感じています。

photo photo
詳しくはMy Pageで公開!
BACK NEXT