photo

社員を知る

データサイエンス 澤村 良子 生命薬学科 修士卒

現在の仕事内容は?

探索研究における疾患関連遺伝子データの解析からデータサイエンティストとしてのキャリアをスタートしました。現在はモデリング&シミュレーション担当として、臨床試験における母集団薬物動態解析および有効性・安全性データの解析を行っています。医薬品開発におけるM&Sとは、薬物血中濃度や薬理効果などの観測データを最も説明する数理モデルを構築し、薬物体内動態をコンピュータ上でシミュレーションして、有効性、安全性に優れた投与量や投与方法を予測する技術です。

仕事のやりがいは?

最大のやりがいは、患者さんのデータから治験薬の有効性や安全性のシグナルを抽出することで開発成功確率を向上させ、できるだけ速やかに治験薬を承認へ導くことです。病気で苦しむ患者さん一人ひとりに、高い効果と安全性が証明された薬を一日でも早く届ける使命を担っていると言えるでしょう。だからこそ、日々の業務を通して、開発を大きく前進させられるデータやシグナルが抽出できた時は、人の命に貢献できるという製薬企業ならではの大きな手応えを感じます。

photo photo
詳しくはMy Pageで公開!
BACK NEXT