photo

社員を知る

データサイエンス 渡辺 賢司 生命理工学研究科 修士卒

現在の仕事内容は?

私の専門分野であるバイオインフォマティクスとは、情報科学と生命科学を両輪にした研究分野です。世界的なゲノム解析の進展や、次世代シーケンサーと言った技術の進化を背景に、ますます注目を集めています。 私が今行っているのは、数百の細胞における薬理活性と、その遺伝子発現や遺伝子変異などの情報を、探索プログラムを用いて照らし合わせ、薬が効く仕組みや逆に効きにくい仕組みを導き出す業務です。細胞レベルの情報と実際の患者さんの情報を比較することで、薬剤開発の可能性を探っています。このような研究は、非臨床段階の研究結果と臨床研究の情報を橋渡しするもので、トランスレーショナル研究と呼ばれています。

仕事のやりがいは?

バイオインフォマティクスは潜在的な発展の可能性が大きい分野です。例えば遺伝子の情報は、DNA の AGCT のランダムな文字の羅列にすぎませんが、データの中には必ず真実が含まれています。バイオインフォマティクスはそんな一見無意味に見えるデータに命を与える仕事です。創薬が成功する確率は非常に低く、薬に合う患者さんを見つけるのは難しいことです。しかし、これまでとは比較にならない量のデータが生み出されている現在、バイオインフォマティクスは製薬会社の研究開発を根本から進化させる可能性を持っています。

photo photo
詳しくはMy Pageで公開!
BACK NEXT