photo

社員を知る

研究職 濱岡 孝治 理学研究科 修士卒

現在の仕事内容は?

技術研究部での業務は、薬になる前の治験薬を作るプロセスの開発です。どういう手順で作るかというプロセスの構築や、その手法で作れるかどうか、構築したプロセスに従って実際に製造し、検証するという作業を行っています。原料から薬のカタチにする過程で、経済性や毒性、安全性などを考慮しながら、検証していきます。1つの案件につき、短ければ数ヶ月で終了しますが、時には数年に及ぶ長いケースもあります。

入社理由は?

大学では有機合成を専攻していました。就職に向けて、大学で学んだことを活かすには、どういった会社に入社すればいいのだろうと考えたとき、そこで浮かんだのが、医薬品の世界で働き、社会に貢献したいという想いでした。もともと、子どものころから“将来は白衣を着るような仕事がしたい”と思っていたことも、入社を決めた大きな理由の一つでした。

仕事のやりがいは?

医薬品は、数万種類を研究開発しても、世に出ることができるのはわずか1~2種類くらい。私自身、入社間もないときに携わった案件で1つだけ、薬として世の中に出すことができましたが、その時の達成感はとても大きなものでした。そういう難しさにチャレンジしていくことが、この業務の醍醐味だと思います。体力的にきつい仕事もあり、馬力と持続力が求められます。なかなか結果が見えにくいので、知識と経験を積み重ねながら、我慢強く取り組まなければいけませんが、非常にやりがいを感じています。

photo photo
BACK NEXT