photo

社員を知る

研究職 北脇 隆文 理工学研究科 博士卒

現在の仕事内容は?

医薬品候補化合物の工業化製法の研究をしています。医薬品候補化合物の動物試験や臨床試験を行うためには、試験管の単位よりずっと大量にその化合物が必要となり、さらに製品化の際には堅牢性の高い生産手法を確立することが求められます。まずは数百グラムや数キロから作り進め、徐々に規模を大きくしていきます。その製法開発と、試験の現場への原薬供給、この2つが私の業務の柱です。製法開発とは、たとえば創薬部門で合成に10工程かけたとすると、それを5工程に縮める製造法の開発です。決まった化合物まで「いかに最短で到達するか」が腕の見せどころです。

学生時代の研究内容は?

高校時代から化学に興味を持ち、大学時代は応用化学科に進学。当時は環境化学の研究に興味がありましたが、その後自分の興味が有機化学にあることに気付き、研究室では天然物の全合成に取り組みました。この領域は研究に10年かかることも普通であり、私も修士課程では納得できず、博士課程まで研究を続けました。

仕事のやりがいは?

「ものづくりの楽しさ」を味わえるところがやりがいだと感じます。
大学時代の学びは100%活かせていると感じますし、より幅広い分野に関わることができます。研究を通じた達成感は無数に得られますが、大学時代と大きく違う厳しさもあります。それは目標が設定され、何が何でもクリアすることが求められること。産みの苦しみも相当にあります。反面、成功確率が低くても、利益や効率アップにつながるチャレンジならば歓迎されるのも、やりがいにつながります。

photo photo
詳しくはMy Pageで公開!
BACK NEXT